財産目録作成の目的とは

財産目録の作成は法律上義務ではありません。しかし作成するほうがいろいろ役にたちますよ。

財産目録は、何が相続財産なのかをわかるように一覧にした表の
ことを言います。

“財産目録作成の目的とは”の詳細は »

遺言に残してもすべてが実行されるとは限らないけれど

遺言に残しても法律上の効果が認められない事項もありますが、最後のお願いを残すのも良いのです。

人が死んだ後には必ず相続が発生します。相続手続きの中でも遺産分割は
トラブルに発展することもあります。
“遺言に残してもすべてが実行されるとは限らないけれど”の詳細は »

相続放棄の手続きで気をつけなければならいこと

相続放棄を申し立てようと思っても、思わぬことで認められないことがあります。

被相続人の財産を一切継承しないようにするためには、相続人は相続放棄という
手続きをとることができます。

“相続放棄の手続きで気をつけなければならいこと”の詳細は »

相続手続きには印鑑が必ず必要ですが

いろいろな印鑑がありますが、相続の手続きには実印や印鑑登録証明書が必要不可欠です。

印鑑には様々な種類がありますね。実印、銀行印、シャチハタ、認印・・・
書類に押すときにも捨印、割印などなど・・・
“相続手続きには印鑑が必ず必要ですが”の詳細は »

春の訪れとともにやってくるのが花粉症です

春の訪れは嬉しいですが、喜んでばかりいられないのは花粉症があるからです

最近は日々、日の長くなるのを感じ日差しも少しずつ強さを増して
春の訪れを実感することが多くなってきたように思います。
春とともに道の草花は色とりどりになり、スーパーの野菜売り場も
緑色が鮮やかです。そして花粉症もやってくるのです。
“春の訪れとともにやってくるのが花粉症です”の詳細は »

遺言書は自分で作成をすることができます

自筆証書遺言はいくつかのルールに気をつければ自分で書いて管理をすることができます

遺言書には3つの方式があります。中でも自筆証書遺言は自分で書いて
管理をすることができます。

“遺言書は自分で作成をすることができます”の詳細は »

満足の行く相続を実現させるにはどうしたらよいでしょうか

必要な知識を獲得し、満足のいく相続を実現させるにはどうしたらよいのでしょうか

お父様かお母様が亡くなられた悲しみに暮れるまもなく、
追い立てられるかのようにご葬儀を行い、一息つこうか
という矢先に相続問題に初めて直面する方は多いと思います。

“満足の行く相続を実現させるにはどうしたらよいでしょうか”の詳細は »

相続の手続きの放置で起きうるトラブルについて

相続の手続きに期限はありませんが、早めに手続きされることをお勧めします。

不動産の所有者である夫が亡くなりましたが、ずっと手続きをしていません。
今まで、何の問題も起こっていないので、このまま亡夫名義にしておいても問題ないでしょうか?というご質問をいただくことがあります。 
“相続の手続きの放置で起きうるトラブルについて”の詳細は »

相続における遺留分についての記事

遺留分減殺請求権は、相続開始及び贈与・遺贈があったことと、それが遺留分を侵害し、減殺請求しうることを知ったときから1年以内に行使しなければ消滅します。

相続人に留保された、相続財産の一定の割合のことを
遺留分(いりゅうぶん)といいます。
“相続における遺留分についての記事”の詳細は »

段階的に相続税の負担は上がっていった

扶養義務者から生活費や教育費として贈与を受けた財産や、社会通念上必要と認められる香典、花輪代、お祝い金、 年末年始の贈答品など。

国税通則法または地方税法の適用・準用がある公租公課については、遺言による指定・指定委託があれば、指定相続分による承継が原則となります。(国税通則法5条2項、地方税法9条2項が民法902条を用いることを明記している)

【贈与税の税率】
“段階的に相続税の負担は上がっていった”の詳細は »

« 過去の記事