カテゴリー: 素人ができるための相続の要素

相続放棄の手続きで気をつけなければならいこと

相続放棄を申し立てようと思っても、思わぬことで認められないことがあります。

被相続人の財産を一切継承しないようにするためには、相続人は相続放棄という
手続きをとることができます。

“相続放棄の手続きで気をつけなければならいこと”の詳細は »

相続手続きには印鑑が必ず必要ですが

いろいろな印鑑がありますが、相続の手続きには実印や印鑑登録証明書が必要不可欠です。

印鑑には様々な種類がありますね。実印、銀行印、シャチハタ、認印・・・
書類に押すときにも捨印、割印などなど・・・
“相続手続きには印鑑が必ず必要ですが”の詳細は »

満足の行く相続を実現させるにはどうしたらよいでしょうか

必要な知識を獲得し、満足のいく相続を実現させるにはどうしたらよいのでしょうか

お父様かお母様が亡くなられた悲しみに暮れるまもなく、
追い立てられるかのようにご葬儀を行い、一息つこうか
という矢先に相続問題に初めて直面する方は多いと思います。

“満足の行く相続を実現させるにはどうしたらよいでしょうか”の詳細は »

相続の手続きの放置で起きうるトラブルについて

相続の手続きに期限はありませんが、早めに手続きされることをお勧めします。

不動産の所有者である夫が亡くなりましたが、ずっと手続きをしていません。
今まで、何の問題も起こっていないので、このまま亡夫名義にしておいても問題ないでしょうか?というご質問をいただくことがあります。 
“相続の手続きの放置で起きうるトラブルについて”の詳細は »

相続における遺留分についての記事

遺留分減殺請求権は、相続開始及び贈与・遺贈があったことと、それが遺留分を侵害し、減殺請求しうることを知ったときから1年以内に行使しなければ消滅します。

相続人に留保された、相続財産の一定の割合のことを
遺留分(いりゅうぶん)といいます。
“相続における遺留分についての記事”の詳細は »

特許権や著作権にも相続の手続をします

許権、実用新案権、商標権の相続は特許長官の届け出が必要です。管轄の役所に当たりましょうね

被相続人が特許権や著作権などを持っていた場合はどのようになるのしょうか?上記以外でも実用新案権や意匠権、商標権なども同様にこれらの権利は相続財産として扱われます。一定の手続きにより相続することとなります。
“特許権や著作権にも相続の手続をします”の詳細は »

かなり額が大きいのが被相続人の配偶者の控除

相続手続きにおける配偶者軽減措置を利用したい場合は、申告書「配偶者の税額軽減計算書」に必要事項を記入し、税務署へ

■どんな場合に、配偶者軽減措置の活用にメリットがあるか?

配偶者軽減措置の活用のメリットの有無は、相続する財産の額にもよります。

下記はその目安となる試算表です。(子供1人として計算)
“かなり額が大きいのが被相続人の配偶者の控除”の詳細は »

相続と借家は知っておかないと困る人もいる

土地についての遺産分割が成立すると、その「土地自体」は、相続開始に遡って、分割を受けて所有権を取得した人のものになります。

相続によって借地借家法の第10条に借地権の対抗力について次のとおり定められています。「借地権は、その登記がなくても、土地の上に借地権者が登記されている建物を所有するときは、これをもって第三者に対抗することができる。」しかし、借地権者と建物の登記名義人が違う場合は登記建物があっても対抗力がないとされています。
“相続と借家は知っておかないと困る人もいる”の詳細は »