相続の手続きの放置で起きうるトラブルについて

不動産の所有者である夫が亡くなりましたが、ずっと手続きをしていません。
今まで、何の問題も起こっていないので、このまま亡夫名義にしておいても問題ないでしょうか?というご質問をいただくことがあります。 
まず、結論を申し上げると、相続には期限がありません。(相続放棄・限定承認する場合を除いて)
だから、このままご主人の名義のままにされていても、罰せられることはありません。

しかし、不動産を、そのまま亡きご主人様名義にしておくと、その相続人が登記を経ずして亡くなった場合などに、数次相続といいまして、相続の権利がまたその相続人に承継されて、不動産の権利関係が複雑になり、また手続きもより複雑になっていきます。相続人の数も必然的に増えます。結果的に時間も費用もかかってしまいます。

だから、期限はないにしても、ずっと相続手続きをしないということは、好ましいことではありません。
ご家族が集まられる機会がありましたら、一度お話合いをされてはいかがでしょうか。私ども専門家に相談したり、役所に相談したりしながら、相続の手続きをきちんと取っておくことをお勧めします。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む