相続手続きには印鑑が必ず必要ですが

印鑑には様々な種類がありますね。実印、銀行印、シャチハタ、認印・・・
書類に押すときにも捨印、割印などなど・・・

これらの区別が実はあまり明確ではない方もいるのではないでしょうか。
相続の手続きには実印が不可欠です。
実印とは、住んでいる市区町村に登録手続きをした印鑑のことです。
実印には普段使用している認印を登録することも可能なのですが、中には
シャチハタやふちが欠けているものなど、実印として登録ができない印鑑
もあります。
実印を使用するときには、それが確かに実印であるということの裏づけと
して印鑑登録証明書を添付します。
例えば相続登記では遺産分割協議書に添付することで、「本人の印鑑に間違
いはありません。」という証明とされます。

銀行印とは銀行口座を開設する際にへ届け出ている印鑑のことですが、実は
相続の手続きにはあまり利用することはありません。
また、認印とは実印や銀行印以外の印鑑のことです。

«
»
 

トラックバックURL