相続放棄の手続きで気をつけなければならいこと

被相続人の財産を一切継承しないようにするためには、相続人は相続放棄という
手続きをとることができます。

相続人が継承する財産にはプラスの財産だけではなくマイナスの財産(借金や負債)
もあります。そのため、プラスの財産よりもマイナスの財産が多く、相続により
経済的な不利益があると考えられる場合には相続放棄をすることが多いと思われ
ます。

相続放棄は裁判所に対して申し立てを行ないますが、民法上相続放棄ができない
場合、また認められない場合も規定されています。
第1のケースとしては相続財産の処分をしてしまった場合です。民法921条1号
に、「相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。」と規定があります。
このケースでは、財産の処分=単純承認をした=相続放棄は認められない、という
ことになります。

第2のケースは手続きに間違いがあった場合です。相続放棄の手続きに期限があり
ます。しかし申請したものの書類の不備で受理されず、期限が過ぎてしまう・・
というようなことになります。

«
 

トラックバックURL