カテゴリー: どこからお国は税収を挙げるのだろう

段階的に相続税の負担は上がっていった

扶養義務者から生活費や教育費として贈与を受けた財産や、社会通念上必要と認められる香典、花輪代、お祝い金、 年末年始の贈答品など。

国税通則法または地方税法の適用・準用がある公租公課については、遺言による指定・指定委託があれば、指定相続分による承継が原則となります。(国税通則法5条2項、地方税法9条2項が民法902条を用いることを明記している)

【贈与税の税率】
“段階的に相続税の負担は上がっていった”の詳細は »

もし相続税に申告漏れがあったら・・・

相続税の修正申告により再提出をする必要があるのですが、故意に財産除外がなされたものか、ミスによる記載漏れなのかによって追徴課税の度合いが異なります。

もし申告漏れがあったら、よくニュースなどでも耳にする申告漏れ。故意にやったものではなくてもペナルティーが待っています。


“もし相続税に申告漏れがあったら・・・”の詳細は »