カテゴリー: 遺産のことを知ると安心

財産目録作成の目的とは

財産目録の作成は法律上義務ではありません。しかし作成するほうがいろいろ役にたちますよ。

財産目録は、何が相続財産なのかをわかるように一覧にした表の
ことを言います。

“財産目録作成の目的とは”の詳細は »

遺言に残してもすべてが実行されるとは限らないけれど

遺言に残しても法律上の効果が認められない事項もありますが、最後のお願いを残すのも良いのです。

人が死んだ後には必ず相続が発生します。相続手続きの中でも遺産分割は
トラブルに発展することもあります。
“遺言に残してもすべてが実行されるとは限らないけれど”の詳細は »

遺言書は自分で作成をすることができます

自筆証書遺言はいくつかのルールに気をつければ自分で書いて管理をすることができます

遺言書には3つの方式があります。中でも自筆証書遺言は自分で書いて
管理をすることができます。

“遺言書は自分で作成をすることができます”の詳細は »

不動産を分ける相続の方法は一つでない

相続が決まった場合にはいくつかの方法で不動産を分割することが可能です。

相続が決まった場合にはいくつかの方法で不動産を分割することが
可能です。
“不動産を分ける相続の方法は一つでない”の詳細は »

家族と話して遺産整理と相続をスムーズにする

司法書士は財産管理や法律行為の代理・補助のほか、相続登記の申請、家庭裁判所に提出する書類の作成などを業務としていますよ

遺産の整理は遺族にとってはなにかとたいへんなもの。もちろん信託銀行などに代行をお願いすることもできますが可能であれば自身で整理しておきましょう。信託銀行の方法は後で述べるとして、ご自身でのスタートを切って整理する場合は遺産目録を作っておくと便利です。
“家族と話して遺産整理と相続をスムーズにする”の詳細は »

やってみると面白いのが相続する資産の精算だ

相続は亡くなった時点での被相続人名義の財産ですから、亡くなった後払い戻した預金も最終的に精算されることになります。

遺産分割協議書の作成に当たっては相続人全員が
一堂に話し合い、お互いの納得の上でその場で作成し
署名捺印をするのが理想です。
“やってみると面白いのが相続する資産の精算だ”の詳細は »

愛する家族への手紙が相続のための遺言だ

遺言は被相続人の最終的な意思です。遺言は残される相続人の感情に配慮し、また感情的に相続人に対しては受け入れやすいものといえますよ

遺言とは、遺言者の死亡後の財産処分等について
被相続人の意思を残った人たちに残すことを言います。

遺言で相続分の指定や分割方法の指定をすることができ、
死亡後から効力を生じ、遺言者本人の独立した
意思に基づいて行われるため、相手の意思は関係なく施行
されることが特徴です。
遺言は相手方のない単独行為である、とされています。
“愛する家族への手紙が相続のための遺言だ”の詳細は »