遺言書は自分で作成をすることができます

遺言書には3つの方式があります。中でも自筆証書遺言は自分で書いて
管理をすることができます。

自筆証書遺言に対しては法律で定められているいくつかのルールがあります。
これらを満たしていないと、せっかく作成した遺言が無効となってしまいます。

・必ず全文を自分で書くことにより作成する
 何かの障害により書くことができなくても代筆をしてもらっては無効です。
 こういった場合は公正証書遺言や秘密証書遺言を選択することになります。
 筆記具は後で消したりできないもので書きます。

・日付を入れること
 これも書かれていないと無効になります。もちろん自筆でなければなりません。

・署名、捺印をすること
 拇印や認印でも有効とされてはいますが、後のトラブルを防ぐためにも
 印鑑登録したものが望ましいとされます。

 その他にも修正するにも定められた方法があったりと注意点もありますが、
 お金もかからず、もっとも手軽に作成できる遺言です。
 
 また、自筆証書遺言は開封する際に家庭裁判所での「検認」が必要となりま
 すのでこちらもご注意ください。
 

 

«
»
 

トラックバックURL