不動産を分ける相続の方法は一つでない

相続が決まった場合にはいくつかの方法で不動産を分割することが可能です。

相続が決まった場合にはいくつかの方法で不動産を分割することが
可能です。
“不動産を分ける相続の方法は一つでない”の詳細は »

特許権や著作権にも相続の手続をします

許権、実用新案権、商標権の相続は特許長官の届け出が必要です。管轄の役所に当たりましょうね

被相続人が特許権や著作権などを持っていた場合はどのようになるのしょうか?上記以外でも実用新案権や意匠権、商標権なども同様にこれらの権利は相続財産として扱われます。一定の手続きにより相続することとなります。
“特許権や著作権にも相続の手続をします”の詳細は »

家族と話して遺産整理と相続をスムーズにする

司法書士は財産管理や法律行為の代理・補助のほか、相続登記の申請、家庭裁判所に提出する書類の作成などを業務としていますよ

遺産の整理は遺族にとってはなにかとたいへんなもの。もちろん信託銀行などに代行をお願いすることもできますが可能であれば自身で整理しておきましょう。信託銀行の方法は後で述べるとして、ご自身でのスタートを切って整理する場合は遺産目録を作っておくと便利です。
“家族と話して遺産整理と相続をスムーズにする”の詳細は »

もし相続税に申告漏れがあったら・・・

相続税の修正申告により再提出をする必要があるのですが、故意に財産除外がなされたものか、ミスによる記載漏れなのかによって追徴課税の度合いが異なります。

もし申告漏れがあったら、よくニュースなどでも耳にする申告漏れ。故意にやったものではなくてもペナルティーが待っています。


“もし相続税に申告漏れがあったら・・・”の詳細は »

かなり額が大きいのが被相続人の配偶者の控除

相続手続きにおける配偶者軽減措置を利用したい場合は、申告書「配偶者の税額軽減計算書」に必要事項を記入し、税務署へ

■どんな場合に、配偶者軽減措置の活用にメリットがあるか?

配偶者軽減措置の活用のメリットの有無は、相続する財産の額にもよります。

下記はその目安となる試算表です。(子供1人として計算)
“かなり額が大きいのが被相続人の配偶者の控除”の詳細は »

やってみると面白いのが相続する資産の精算だ

相続は亡くなった時点での被相続人名義の財産ですから、亡くなった後払い戻した預金も最終的に精算されることになります。

遺産分割協議書の作成に当たっては相続人全員が
一堂に話し合い、お互いの納得の上でその場で作成し
署名捺印をするのが理想です。
“やってみると面白いのが相続する資産の精算だ”の詳細は »

相続と借家は知っておかないと困る人もいる

土地についての遺産分割が成立すると、その「土地自体」は、相続開始に遡って、分割を受けて所有権を取得した人のものになります。

相続によって借地借家法の第10条に借地権の対抗力について次のとおり定められています。「借地権は、その登記がなくても、土地の上に借地権者が登記されている建物を所有するときは、これをもって第三者に対抗することができる。」しかし、借地権者と建物の登記名義人が違う場合は登記建物があっても対抗力がないとされています。
“相続と借家は知っておかないと困る人もいる”の詳細は »

愛する家族への手紙が相続のための遺言だ

遺言は被相続人の最終的な意思です。遺言は残される相続人の感情に配慮し、また感情的に相続人に対しては受け入れやすいものといえますよ

遺言とは、遺言者の死亡後の財産処分等について
被相続人の意思を残った人たちに残すことを言います。

遺言で相続分の指定や分割方法の指定をすることができ、
死亡後から効力を生じ、遺言者本人の独立した
意思に基づいて行われるため、相手の意思は関係なく施行
されることが特徴です。
遺言は相手方のない単独行為である、とされています。
“愛する家族への手紙が相続のための遺言だ”の詳細は »

最新の記事 »